FC2ブログ

DQ5カジノスロット1000回転以降に関して2

前回からの進捗

cvCaptureFromCAM関数を使ってどうにか重い動画を使わず処理できないかと
この関数の引数が0の時がおそらくGV-USB2を認識してるのではないかと考えたが真っ暗で読み込まない
ならばということでSCFHでキャプチャーできないかと。
これがビンゴ
何とか動くものができました。
しかし最後の問題が
リール1及び4の重複があった場合の自動修正
当初はコメントボックスが出ている間は100msecごとにあるかの判定をし
消えたら800msec待ってキャプチャーその画像を処理しようかと考えたが
どうもメモリとか100msecという期間が長いのかで
次の絵柄の画像が一様に処理できない

そもそも画像処理とかあんまやったことないからメモリをどのくらい食うか
最初のころは確保できないとかいうエラーが返ってくるほど使い方が下手だった
50msecごとに判定するとえらいことになるだろうなと
仕方がないので次の絵柄の画像だけ保存して後は手動で修正するように。

一応現状としては5000回転まで回して
修正作業は御茶麒麟さんにしてもらってます。かっこいいなー

それが済めばあとは自分の書いたJavaプログラムにほおりこめば
パターン1~5の5000回転までを返してくれる寸法

データの公開はどういう形式でするのがいいですかね
何か案があったらお願いします。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示