スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

323:操作のセキュリティ

いろいろと勉強したいことがあって困る。
ゲームのモチベというか優先度が大分下になっているのでどうしたものか。
閃の軌跡Ⅱが出たらそっち優先になるかもだけど。

というわけで今回は
操作のセキュリティについて。
さすが策定以来更新していないだけあってだいぶ古い技術が目白押しですが
試験範囲なので仕方がない。まあ古いといっても未だに使ってる企業はあるし無駄にはならないでしょう。

323.1 ホスト構成管理
・RCS
元祖バージョン管理システム。(もっと古いのあるかもしれないけど)
後続のCVS、SVNやgitなどに比べるとやっぱり不便。だけど企業で今でも使っているところがあるらしい。
1つのファイルだけをローカルに管理するならお手軽だし。
基本的には管理するファイル名,vというファイルに情報が書かれそれを元にロールバックしたりする。
ci
現在のワークファイルを,vファイルに登録する。
-l・・・チェックイン後チェックアウトしてロックする。一度チェックインしてその後も編集を続けるときに使う
r・・・指定したリビジョン登録する


co・・・現在のワークファイルにあるリビジョンの状態を書き込む
こっちのオプションも似た感じ。

rcsdiff
-rオプションで比較したいリビジョンを指定する。
指定しないと最新のリビジョンとワークファイルの比較を行う


・Puppet
こちらもかなり古くからあるシステム管理ツール。
似たのとしてはchefなどがある。こちらは設定をRubyで書くのに対して
Puppetは独自の言語で書かれる。オブジェクト指向なので書き方は直感的にはわかりやすい。
試験の範囲としては基本的な設定を抑えればよさそう

大項目としては次が最後でけどなかなかおもそう。
Oracle silverの勉強がもうそろそろ終わりそうなので、終わり次第試験受けて、
こっちに集中したい。できれば来月中にはLPIC3の認定は受けたいです。

GOLDはくっそたかい研修を受けないといけないので保留。
勉強はしといて知識はつけておく感じで。あとはRACとかの概念も覚えておきたいです。
そこらへんで一区切りで英語とかCCIEの勉強に移るつもり。
スポンサーサイト
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。