スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSPFその1

第9章 OSPFについて今週読んだ部分をまとめる

・Router ID
ネイバー関係を確立するときやDR・BDRを選出するときに使われる。
決め方はEIGRPの章で書いたとおり
基本的にはrouter-idコマンドで設定したほうが運用が楽
コマンドで変更してもOSPFの設定を変更しない限りSFPの再計算が走らないから?(自信なし)

・パケットの種類
Hello・・・お互いに生きているか認識し合ういつものやつ
DD・・・自身の持つLSAの簡易的な情報について交換する。これでお互いに必要な情報を確認する
LSR・・・DDで必要だと判断した情報についてネイバーに要求する
LSU・・・要求された内容を元にネイバーにLSAの情報完全な情報を渡す
LSAck・・・LSUを受け取ったことによる返答。これによりLSUが相手に届いたことが補償される

・隣接関係を構築するまでの手順
1.Helloパケットを3wayハンドシェイクと同じ手順で隣接ルータを認識する(以降定期的にHelloパケットを交換する)
DR/BDRの選出が必要ならここで行う
2.DDパケットをお互いに交換しマスター/スレイブの関係を構築
3.経路情報の交換。お互いに持っている情報が一致したら隣接関係の構築終了

・ネイバーの状態の種類
Down・・・ネイバーを構築する前もしくはネイバーとの隣接関係を維持できなくなった場合この状態になる
Attempt・・・NBMAのような特殊なネットワークでこの状態になる
Init・・・Helloパケットを交換し始めた状態
2-Way・・・Helloパケットの交換が完了した状態
ExStart・・・相手がDRもしくはBDRのときこの状態に移行。どちらが主導権を握るかのmaster/slaveの決定を行う
ExChange・・・DDパケットの交換を行う。マスターになったルータから送る
Loading・・・必要なLSAの情報を取得する段階
Full・・・必要な情報を全て交換し終え自身の持つDBと相手のDBの情報が一致した状態

Helloパケットの交換に関して
224.0.0.5のマルチキャストアドレスに定常的に流す

4つの役割
・隣接ルータを探す
・隣接ルータの設定値に問題がないか確認
・お互いに疎通できるか確認
・ヘルスチェック

以下が一致しないと隣接関係は組めない
・認証
・同じサブネットに属する
・同じエリアに属する
・同じエリアタイプ(後述)
・Router IDが被らない
・タイマー値の設定が同じ
※MTUの値がここではチェックされないがDDパケットの交換時にこれがあっていないと不整合が起きるのでいずれにせよ合わせる必要がある。

DDパケットに関して
ヘッダーには以下のフラグがある
・MS・・・自身がマスターだと認識している場合はここにフラグを付ける。このパケットを交換し始める場合は自身をマスターと思うので最初は必ず立つ。その後Router IDを比べて大きい方がこのフラグを立てたまま。slaveになると立たなくなる。
M・・・Moreフラグ。さらにDDパケットを交換する必要がある場合はここにフラグを立てる。DDパケットはマスターからしか送らない。slaveはレスポンスのみできる。slave側でさらにDDパケットを送りたいときにこのフラグを立てることでMasterはDDパケットを送出し続ける
I・・・Init、その名の通り初期にMaster/Slaveを決めるまではこのフラグが立つ。

DDパケットの中にはシーケンス番号を入れられる。これは32ビットで大きい方がLSAの情報が新しいことを示す。
これが一致していれば情報に変わりがないことを示す。

LSUとかに関しては前述以外のことは特にないので省略

今回はここまで。本当はDRのところあたりまでは読みたかった
スポンサーサイト

EIGRP

追記予定

EIGRP概要




EIGRPのメトリック




EIGRPのパケット




EIGRP named mode




EIGRPその他機能
RouterID
OSPFみたいに使われるわけではないがルーティングループ防止などの役割がある。決め方はOSPFと同じ
数値的には32ビットの値(IPアドレスと同じ形式)
1.router id コマンドの結果
2.ループバックアドレス
3.インターフェイスのアドレスの中で一番大きいもの
ネイバー間で同じ値だと再配布などで不都合が生じる

非等コストバランシング
フィジーブルサクセッサーは通常ルーティングテーブルに載らないがこの設定を入れることで
乗るようになる。またコストが低い方が優先的に使われる

Add-Path Support
ハブ&スポーク形式の構成においてDMVPNを組むことがあるが
マルチホームで構成すると片方のルートしか広報されずそのルートがダメになった時再計算が走るという問題がある。
これを防ぐためのコマンドいわゆる等コストバランシング

Stubルーティング
同じくハブ&スポーク構成の時たいていはスポーク側はそれ以降にEIGRPを動かしていないので
スポークがネクストホップのルートがおちた時クエリを投げる必要がない。(クエリは再計算で違うルートを探すときに使う)
そのことをハブ側に伝えるためのコマンド。
いくつか種類がありそれごとで伝えるものルーティングテーブルに乗せるものが代わってくる

Routeサマリー
ネクストホップに当たるルートが複数ある時それをまとめることができる
ルーティングテーブルにはNull0とのり、ここに一致したものはドロップされるが
更に詳細なルートがルーティングテーブルに乗る。ルーティングテーブルに一致するものが複数あるときは
詳しいものが優先されるのであまり気にする必要がない。
またADの値はデフォルトで5のためあまり変える必要がない。しかし学習したルートでAD5のものがあると
あまりよろしくないのでその時は変える。ただし255はバージョンによって挙動が代わるので非推奨

パッシブインターフェイス
そのインターフェイスにつながるセグメントがEIGRPをしゃべる必要がない時設定する
こうすることでHelloパケットを投げなくなり帯域の消費などを抑えることができる。

Gracrful shutdown
Helloパケットに入れるK値を255に設定することでルートの広報を無効にする。
あまり使われない?shutdownコマンドだけで設定できるのでお手軽だけど

認証周り
隣接関係を構築するのに不正なルータなどが入らないように設定する。
現在認証の強度は上がってきておりSHA-2が使われている

デフォルトルーティング
通常デフォルトルートの広報はコマンドレベルサポートしていないがいくつか方法がある
1.ip-default-network ・・・クラスフルネットワークの単位で広報可。通常は使われない
2.static routeの再配布を使う・・・一番スマートなやり方か
3.network 0.0.0.0を使う・・・全てのインターフェイスでEIGRPを有効にする。そこでデフォルトルートの設定を送信元インターフェイスを指定することでDirectory Connectedとして認識され広報される。正直よくわかっていない。教えてエロい人

EIGRP OTP
CCIEの範囲外っぽい。通常IPはネットワーク部とホスト部から構成され。密接な関係にあるのでそれを切り離して運用しようという話。RLOC(場所を示す。普通はサイトの入り口のIP)とEID-Prefix(ホスト部に当たる)に分かれる

EIGRPフィルタリング
広報するルートに制限をかけようという話。いくつか方法はある。

EIGRP Offset Lists
特定のルートにコストを盛る(delayを盛る感じか)

その他にルーティングテーブルからルートを削除することができる
トポロジーテーブルは変わらないのであまり意味がない?
ネイバー関係を削除するコマンドがありそっちは再計算が走りそう

CCIE Routing & Switching v5.0 Volume1

たまには技術的なことでも書かないとただの変態提督になってしまうので
真面目に書いてみる。

CCIEはCiscoの技術者認定試験の中で最上位のものですね。
下にはCCENT、CCNA、CCNPなんかがありカテゴリがいくつかあります。

一応入社して知識をつけるためにCCNPまで取りましたが
この資格は期限付きでCCNPまでは3年CCIEは2年となります。

来年期限が切れるので更新するときにCCNPかCCIEの筆記(CCIEは筆記に加えてラボ試験がある)に受かる必要があります。
CCIEのラボは受かる気がしません(何より高い)が筆記ぐらいならなんとかなるだろという考えのもと少し勉強中。

教科書は公式が本を出していますが全部英語+1000ページ以上と結構ハード
自分のメモ用として記録を残すためのページとなります。
他の人の参考になれば、ただ自分の英語力は幼稚園児以下なので内容は保障できません

現在EIGRPの章まで読了。
メモを始めたのが最近なのでとりあえずEIGRPの章からかき始める。
以降追記予定

以下各章へのリンク

Volume1
1.イーサネット
2.VLAN
3.STP
4.IPアドレス
5.IPサービス
6.IPルーティング
7.RIPv2
8.EIGRP
9.OSPF
10.IS-IS
11.IPルーティングその他技術(意訳)


参考:ネットワークエンジニアとして
このページは前から参考にしていたのですがCCIEの公式本を読むようになって
このページはほんとよくまとまっているなぁと思います
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。